矢橋工業株式会社
矢橋工業は、1926年設立と、グループ各社で最も長い歴史を持つ。主業務は、石灰製品の製造販売。人と環境にやさしい製品を社会に還元していく。

営業部・生産本部・技術開発部
生産本部では、各種石灰製品の製造を行っている。大垣市内に乙女坂工場と大久保工場があり、日本製鉄㈱名古屋製鉄所構内に名古屋工場がある。原料の石灰石は、乙女坂工場より専用貨車にて名古屋工場に運んでいる。石灰石を原料とする製品は、鉄鋼、化学、建築、農業、医薬、食品、先端技術、環境分野にと多様な分野で使用されている。しかし、いまだ未開発の部分も多いため、石灰の可能性を日々追求している。

会社概要

会社名
矢橋工業株式会社
代表取締役社長
矢橋 龍宜
本社所在地
〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町226
設立
1926 年 4 月
資本金
15,116 万円
従業員数
198人(2019年1月現在)
主事業
生石灰・石灰系精錬剤・石灰系固化材・消石灰・高反応消石灰・重質炭酸カルシウム・軽質炭酸カルシウム・石灰スラリー・石灰石・砕石・乾燥剤・酸性ガス吸収剤・その他造粒品の製造販売、合成樹脂フィルムの製造、加工品の販売

事業部

本社 管理部
〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町226
TEL 0584-71-1105 (代) FAX 0584-71-2989
生産本部 赤坂事業部 (乙女坂工場)
〒503-2211 岐阜県大垣市南市橋町1753
TEL 0584-71-0007 (代) FAX 0584-71-2998
(大久保工場)
〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町4387
TEL 0584-71-0101 (代) FAX 0584-71-3012
生産本部 名古屋事業部
〒476-0015 愛知県東海市東海町5-3
日本製鉄株式会社 名古屋製鉄所構内
TEL 052-603-1341 (代) FAX 052-603-5459
生産本部 マインパルク事業部
〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町4218-1
TEL 0584-71-5055 (代) FAX 0584-71-5066
生産本部 垂井工場
〒503-2122 岐阜県不破郡垂井町表佐726-1
TEL 0584-76-5143 FAX 0584-76-5144
営業部
〒503-2211 岐阜県大垣市南市橋町1753
TEL 0584-71-1100 (代) FAX 0584-71-1898
技術開発部・品質管理部
〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町4278
TEL 0584-71-0555 (代) FAX 0584-71-0561
東京連絡所
〒104-0061 東京都中央区銀座4-3-2 清水ビル2F
TEL・FAX 03-3561-8972

沿革

1926年 矢橋商事合資会社を設立
1943年 矢橋工業株式会社に改称
1957年 23 名による金生山石灰石鉱業組合が結成
1961年 金生山石灰石鉱業組合として共同鉱業権にて採掘開始
1964年 乙女坂工場にロータリーキルン 1 号機建設
1967年 乙女坂工場にロータリーキルン 2 号機建設
1969年 新日鐵住金㈱(旧富士製鉄㈱)名古屋製鐵所内に名古屋工場を開設/ロータリーキルン建設
1976年 乙女坂工場に消石灰製造設備建設
1979年 開発研究所開設
1981年 大久保地区に配合工場、 乙女坂工場にメルツ炉建設
1983年  乙女坂工場に軽質炭酸カルシウム工場建設
1985年  配合工場にブリケット製造設備建設
1991年  竪型コークス焚石灰焼成炉建設
1998年  乙女坂工場に高反応消石灰製造設備 大久保工場に土質改良材製造設備建設
1999年  名古屋工場に 70t/d コマ式石灰焼成炉 2基建設
2001年  乙女坂工場で ISO9001 : 2000 の認証取得
2006年  名古屋工場に 100t/d コマ式石灰焼成炉 2基増設
2008年  矢橋ホールディングスの 100% 子会社となる
2014年  矢橋龍宜 社長就任、 矢橋慎哉 会長就任
2017年  垂井工場を取得し、ワコー化成(株)の樹脂フィルム事業を一部承継
2019年 矢橋マインパルク株式会社を統合