三星砿業株式会社
三星砿業は、金生山の愛宕採掘場で石灰石の採掘を行っており効率的かつ有効な資源利用を図っている。そして終掘時に備え緑化を行うなど既に跡地再生計画にも取り組んでいる。

鉱業部・生産技術部
鉱山CAD(測量・調査実施)による合理的な採掘計画により、採掘をした石灰石を、破砕、水洗、分級し貯鉱している。水洗に使用した廃水は廃水処理場にて固液分離し再利用をしている。生産技術部では、安全管理技術の向上、石灰石の品質管理等を行っている。
グリーンコート事業部
造園・土木、環境復元や街づくり、地盤調査、測量、地盤改良、土地造成、基礎工事などを行っている。また、農業にも取り組んでおり、近江余呉米こしひかりや、赤坂のいちじくなどを生産、販売している。2015年、カフェ併設のお米や野菜の直売所「VEGETABLE SHOP 余呉農園」をオープンした。当事業部では、基幹をなす鉱山採掘跡地の再生、自然農法への回帰ー100年先を見据えた事業展開を心がけている。

会社概要

会社名 三星砿業株式会社
代表取締役社長 矢橋 龍宜
本社所在地 〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町 226
設立 2007 年 4 月
資本金 4,068 万円
従業員数 69人(2019年1月現在)
主事業 石灰石の採掘・加工・販売/地盤補強・土地造成関連工事/造園及び緑化の設計・施工・監理/一般建設業/農業

事業部

本社 管理部 〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町226 TEL 0584-71-0181 (代) FAX 0584-71-1476
鉱業部 採鉱課 (愛宕採掘場) 〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町4810 TEL 0584-71-0608 (代) FAX 0584-71-5190
鉱業部 選鉱課 廃水処理チーム (乙女坂選鉱場) 〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町4566-7 TEL 0584-71-1013 (代) FAX 0584-71-3586
鉱業部 選鉱課 廃水処理チーム (廃水処理場) 〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町2791 TEL・FAX 0584-71-3121 (代)
グリーンコート事業部
土木・造園課 (矢橋テクニカルセンター)
〒503-2122 岐阜県不破郡垂井町表佐410-1 TEL 0584-22-0002 (代) FAX 0584-22-0769
AGROFORESTRY (余呉農園) 〒529-0514 滋賀県長浜市余呉町下丹生655 TEL 0749-86-3021 (代) FAX 0749-86-3319
東京連絡所 〒104-0061 東京都中央区銀座4-3-2 清水ビル2F TEL・FAX 03-3561-8972

沿革

1961年 矢橋工業㈱の原石供給部門として設立/月産40,000tの規模にて愛宕第1採掘場の開発に着手
1963年 愛宕第1採掘場、第1立坑、乙女坂第1選鉱場完成
1968年 月産60,000tの規模にて、愛宕第2採掘場の開発に着手
1971年 愛宕第2採掘場、第2立坑、乙女坂第2選鉱場完成/乙女坂選鉱場に焼結用石灰石破砕設備完成
1972年 廃水処理場第1期工事(シックナー)完成
1974年 廃水処理場第2期工事(フィルタープレス)完成
1976年 愛宕第3採掘場月産150,000t体制確立に向け、開発に
1983年  愛宕採掘場第2立坑口に、モービルクラッシングプラント設置
1987年  廃水処理場、全自動フィルタープレス2基導入
1988年  愛宕採掘場第1立坑口に、モービルクラッシングプラント設置
1991年  廃水処理場、全自動フィルタープレス1基導入
1994年  乙女坂選鉱設備増強工事完成、砕砂生産開始
1998年  採掘跡地の緑化に備えグリーンコート事業部(造園・土木部)発足
2007年  矢橋ホールディングス㈱から新設分割100%子会社として三星砿業㈱の商号継承
2008年  グリーンコート事業部内において、ISO9001取得
2009年  愛宕採掘場第2立坑口に新たに石灰石クラッシング設備設置