ミャンマー
信仰と伝統が人々の暮らしに息づく国
 壮麗な仏教寺院や美しい自然の景観を誇る、神秘的で魅惑的な国、ミャンマー。
ミャンマー(旧ビルマ)は、インド、バングラデシュ、中国、ラオス、タイと国境を接する東南アジアの国であり、大きく分けると8つの民族、少数民族を合わせると100以上もの民族が存在すると言われている。
弊社の「MyanmarCAD」が存する国内最大の都市ヤンゴンには、黄金色に輝く仏塔、「シュエダゴン
パゴダ」がそびえ立ち、緑あふれる公園や美しい湖、活気あるマーケットが数多く点在する。近年、外国企業の進出も増え、急速に経済成長を遂げている。
ロンジー
ロンジー
伝統的な民族衣装「ロンジー」は、長さ約2mの筒状の布を腰に巻きつけて着る衣服。男性も女性も着用し、足元はサンダルが一般的なスタイル。正装として扱われるため、公共の場でも通用します。
ロンジーとは、伝統的な巻きスカートの総称のことで、男性用のロンジーを「パソー」、女性用を「タメイン」と言う。「パソー」は結び目を腰の前に置き、伝統的な襟のない服や、洋服と合わせて着る。「タメイン」は結び目を腰の横に置き、上着は主に体にフィットしたものを着用するため、オーダーメイドすることも多々ある。暑い時には涼しく、寒い時には温かいため、一年中着ることができる。
男性はチェック柄が多く、女性はビビットな原色、花柄、水玉などカラフルで多様。上下の組み合わせも、同じ柄で統一することもあれば、ロンジーの中で使われている色と同じ色の服を着ることも。

写真は、弊社社員(新婦)の結婚式。参列者の社員もロンジーを着ている。結婚式のような正式な場だけでなく、出勤時に着用する社員も多く、普段着としても今もなお親しまれている。
ミャンマーの結婚式
 135種の民族が暮らすミャンマー。各民族独自の結婚式もありますが、全国共通のスタイルはビルマ族の結婚式です。ミャンマー語では「ミンガラーザウン」と言います。地方では伝統的な結婚式が行われていますが、ヤンゴンのような都会の結婚式は、伝統的かつ現代的になってきています。
 結婚式の衣装はお揃いの色で、花嫁が色を選びます。特に金色、白、ピンクなどが多いです。花嫁は髪に宝石と花を着飾ります。ウェディングドレスを着て写真を撮影することもあります