ベトナム
豊かな文化と自然を有する活気ある国
 東南アジアの中央部に位置しているベトナムは、南北に広がったS字の形をしており、北部、中部、南部とそれぞれに豊かな文化と自然を有している。北部にあり、千年の長い歴史を持つ首都ハノイ。市内には川と湖が点在し、街路樹も多く落ち着いた雰囲気が漂う。旧市街にはシルク製品や陶磁器、漆絵などの伝統工芸品が軒を連ねる。フランス統治時代に建てられた欧風の建物も点在しており、各時代の歴史的建造物が多く残されている。ベトナムの平均年齢30歳と比較的若年人口が多い国であり、かつ高い経済成長を遂げている。 弊社はハノイ市に「VINACAD」「VINA ARCHI」と、ゲアン省に「VINAWHITE」を有しており、勤勉で人情深く、若くて優秀な社員と共に事業を展開している。
漆絵
漆絵
ベトナム北部は、知る人ぞ知る漆の産地です。ベトナムにおける漆器の歴史は大変古く、独自の文化を遂げてきました。その中でも漆絵は、様々な表現技法が発展し、現代絵画として親しまれています。
現在、ベトナム ハノイを中心に活躍している画家 レー・バン・ティン氏。
彼は卵の殻と貝殻を使った漆絵を描いている。この彼の作品を見ていると、様々な思いが伝わって来る。
彼の独特なスタイルは、とても真似できるとは思えない程の技法である。この卵の殻と貝殻を使った漆絵は、「白い漆絵」とも呼ばれているが、この作品は日本の家にもとても良く合う。
画家
Lê Văn Thìn(レー・バン・ティン)

1952年生まれ ベトナム ハノイ市在住
1981年 ベトナム美術大学卒業
ベトナム美術協会会員
ハノイ工科大学 工業デザイン学部講師

これまでに出展した展示会
フィリップモリスアジア1988,1999,2000
パリインターナショナルアートフェア2005
北京インターナショナルアートビエンナーレ2010
ソウルインターナショナルアートフェア2015
その他ベトナムでのアート展に多数出展

ベトナム国立美術館をはじめ、イギリス、フランス、アメリカ、香港、中国、日本など数多くの国で彼の作品は所蔵されている