金生山石灰工業株式会社

金生山石灰工業

限りある資源を、あらゆる産業の“礎”に
三星砿業が採掘した石灰石を原材料に、矢橋工業の委託を受けて生石灰を生産している。1975年に、中小企業近代化促進法に基づく構造改善事業により金生山石灰工業株式会社を設立し、メルツ式焼成炉を建設した。
矢橋の石灰事業

会社概要

会社名 金生山石灰工業株式会社
代表取締役社長 矢橋 慎哉
本社所在地 〒503-2211 岐阜県大垣市南市橋町 1281-2
設立 1975 年 5 月
資本金 23,400 万円
従業員数 15人(2017年1月現在)
主事業 生石灰製造
事業所
本社・工場

〒503-2211 岐阜県大垣市南市橋町1281-2
TEL 0584-71-0213 (代) FAX 0584-71-3528

沿革

■1975年 中小企業近代化促進法に基づく構造改善により同業三社にて
 金生山石灰工業株式会社を設立
 メルツ炉建設
■1991年 矢橋工業株式会社より生産委託
 竪型石灰炉稼働
■1994年 竪型石灰炉軽焼ドロマイト焼成開始
■2002年 重油屋外タンク (145kl) 更新