矢橋の石灰事業

技術・品質へのこだわり
  石灰事業に求められるものは、良質な石灰石の確保、確かな採掘技術、優れた焼成技術等です。なかでも石灰石は、資源の乏しい日本のなかにあって唯一輸入に頼らない鉱物です。しかし、採掘すればいずれなくなる宿命にあり、事業の行く末には退路のない厳しい現実があります。
  三星砿業は50年以上にわたって大垣市北部に位置する金生山(きんしょうざん)を中心に、石灰石の採掘を行ってきました。しかしいずれ来る終掘に備え、跡地再生計画の立案と共に、新資源の確保について国内外にネットワークを張り巡らし、技術移転のみならず、その地の経済発展を願いながら事業活動を続けていきます。
石灰事業のフロー
石灰事業では、矢橋グループ各部署の専門家が連携し、石灰石、生石灰、消石灰あるいはその関連商品を製造、販売しています。
フロー
矢橋グループの連携
文献調査(鉱床)
現地地質調査
採掘権取得
採掘計画・プラント
設備計画立案
開鉱準備作業
プラント設置
採掘
選鉱
破砕
分級
水洗
石灰石加工
焼成
消化
軽質炭酸カルシウム
配合
固化材
重質炭酸カルシウム
乾燥剤
各種ガス吸収剤
副産物の製品化
鉱山緑化
フローについて
文献調査(鉱床)
新たな鉱産資源開発のために、各種資料や研究機関、商社等の情報を基に開発の適正について、文献調査をします。
上へ戻る
現地地質調査
現地にて地質調査(地表踏査・ボーリング等)を行い、目的とする鉱物の賦存状況、品質を確認します。さらに開発のための地理的条件等の調査も行います。
上へ戻る
採掘権取得
地質調査、立地条件等をベースとして、各国の法律に従った方法で採掘権の取得、土地の確保をします。
上へ戻る
採掘計画・プラント設備計画立案
目的とする鉱物の賦存状況、あるいは地理的条件を勘案した採掘計画・プラント設備計画を立案します。
上へ戻る
開鉱準備作業 プラント設置
開発計画に従って伐採・伐根を行い、必要に応じて剥土を行います。また、所要のプラントを設置します。
上へ戻る
採掘
採掘のための重機械類を配置し、採掘を行います。
上へ戻る
選鉱
破砕
採掘した鉱石を所要の粒度に破砕します。
上へ戻る
分級
破砕した石灰石を、各サイズ別に分級します。
上へ戻る
水洗
分級した石灰石を、必要に応じて水洗します。
上へ戻る
石灰石加工
焼成、消化、反応、混合、造粒、防塵、粉砕、分級などの技術を有し、お客様のニーズに合わせて様々な製品を製造しています。
焼成
焼成炉(縦型炉あるいは横型炉)に応じたサイズの石灰石を高温で焼成し、生石灰を製造します。

石灰製品の焼成設備
上へ戻る
消化
生石灰と水を反応させて製造します。




石灰製品の焼成設備
上へ戻る
軽質炭酸カルシウム
石灰スラリーに炭酸ガスを化学反応させて炭酸カルシウムを製造します。



石灰製品の焼成設備
上へ戻る
配合
各種石灰に副原料を配合して製造します。



石灰製品の焼成設備
上へ戻る
固化材
各種石灰に副原料を混合・防塵して製造します。




石灰製品の焼成設備
上へ戻る
重質炭酸カルシウム
石灰石を粉砕・分級処理して製造します。



石灰製品の焼成設備
上へ戻る
乾燥剤
上へ戻る
各種ガス吸収剤
上へ戻る
副産物の製品化
採掘の際に生じる表土・品質規格に適合しない鉱物・水洗の際に生じるケーキを製品化します。



商品ラインナップはこちら
上へ戻る
鉱山緑化
やがて訪れる終掘時に備え、跡地再生計画に取組んでいます。
採掘場の跡地に植草、植林し、緑化を行い、自然の美しさに溢れた事業用地に転換するという試みです。
苗木や草花の植栽をし、矢橋林業の住宅の庭木としても育成、移植等を行っています。 
上へ戻る