商品のお問い合わせはこちら
0584-22-3684
 矢橋林業は木を使って仕事をして参りました。木を植え、木を切り、お庭に植えて頂く広葉樹を掘り、住宅の部材を作り、木造住宅の構造材を加工し、木の家を建て、木の恵みを得て皆様にお届けしてまいりました。
 矢橋の林(仕事)にはいろんな木(事業)が育ってきました。しかし、我々の原点である森の恵をもっと近いところで、また、皆様にもっと木を森の環境を身近に感じて頂ける物をお届けする事が出来ないのかと考えていくつかの事業に取り組んでいます。
 漆工芸は東洋独特の工芸技術であり、中でも日本の漆工芸は世界的も高く評価されていました。CHINAが陶器を指すように、JAPANは漆器という意に用いられております。日本の風土に生まれ育った原材料の漆を用い、日本人の手によって磨き上げられた漆工芸は、日本を象徴する匠の精華であります。
 木地の木材は持山から出材した広葉樹を長年に渡り蓄積し、養生、乾燥し吟味した木材をそれぞれの用途に余すところ無く用いております。それは、天然の木材を大切に使用する日本の伝統技術である木地師の仕事を踏襲するものであります。
「かたち」を模索し、材料を調える、温故知新の文字の中に我々矢橋工房の目指す工芸の道はあると考えております。

商品ラインナップはこちら

時代根来とは

 根来塗りとは、今から700年前に和歌山県の根来寺で僧侶たちが自分の使う器を自ら作っていたのが起源であるといわれています。
古い根来は使われる事によって、表面の朱漆が剥げたりして、それが模様のように見えたりします。
日本人は使われて時代を経た姿を雅美として珍重してきました。
また、近年では明治以降の根来塗りは、剥げた部分を模様ととらえて盛んに作られたようです。
現代では、朱漆の下から黒漆が磨れて模様になっているものを根来塗りと呼ばれるようになってしまいました。
矢橋工房で製作している根来は、使われて時代を経た美しさを表現する事で古い根来を再現しております。
矢橋工房では、この時代を経た美しさを時代根来という商品に致しました。